バスト・グロウ 続き

このようなことでお悩みではないですか?

1. 自分の脂肪で豊胸術と言っても、脂肪を採ってくるのは脂肪吸引手術だしなぁ・・・。

2.バストが小さいのが悩み。豊胸手術は興味あるけど、やっぱりちょっと怖い。

3.手術を受けるのは勇気が要るし、注射の豊胸は、1年くらいで元に戻るらしいし・・・。

4.「もしも」の時には、きちんと対処してもらえるのだろうか?

大丈夫!

バスト・グロウは手術ではなく、元に戻らない、注射による豊胸術です。

バスト・グロウの特徴

南クリニックの「バスト・グロウ」は、一般的な豊胸術のような「入れたもので体積を増やし、豊胸効果を出す」 ものではなく、「自分のバスト自体を大きくする」という、これまでにない、まったく新しいコンセプトの豊胸注射です。 

1.マンモグラフィーでも、豊胸処置の痕跡がわからない。

胸部に脂肪や架橋ヒアルロン酸を注入してシコリができたり、バッグなどの異物を注入・挿入するわけではないので、 MRIにもCTスキャンにも自分のバスト以外には何も写りません。マンモグラフィでの乳がん検診も、安心して受診いただけます。 

2.自然な豊胸効果が望める。

脂肪や異物を注射したり挿入したりするのではなく、自然の原理に従い、 「思春期におけるバストの成長過程をもう一度発生させる」というコンセプトでの豊胸効果を獲得します。 ホルモンや成長因子の働きによるバストの成長のため、自然な豊胸効果が望めます。 

3.会社帰りや買い物のついでに、注射をするだけという手軽さ。

ヒアルロン酸注射と同様に、バスト・グロウも注射を打つだけの施術となります。 処置時間も、準備を入れても30分程度と短いので、ご都合の良い時に、気軽にご利用ください。 

4.注射を打つだけの簡単豊胸。

自分のバストが、自分の組織で自然に成長するため、脂肪注入や異物挿入に比べれば、 本当の豊胸結果が出るまでに時間はかかりますが、周囲から気づかれにくく、感触や形が自然です。 

バスト・グロウには、バスト・グロウFとバスト・グロウWの2種類があります。 

バスト・グロウF

バスト・グロウFは、豊胸効果の即効性を狙った方法で、 注射液がゆっくりと吸収されるように設計されたものです。 注射液の吸収の進行とともに、成長因子がバストの組織にゆっくりと放出され、それに伴って、 バストの組織が大きくなります。つまり、最初は注射したもので豊胸効果が獲得できるのですが、 それが次第に自分のバストの組織に置き換わっていくということです。 さらにバスト・グロウFは、 1回の処置で5セットまで注射が可能です。したがって、バスト・グロウFでは、豊胸効果に即効性があり、 すぐにバストを大きくしたい方や、通院回数をできるだけ少なくしたい方には、向いている 方法と言えます。

バスト・グロウFについて、もっと詳しく知りたい方はこちら

バスト・グロウW

バスト・グロウWは、採血処置がなく、女性ホルモンを使用しません。 バスト・グロウFのような即効性はありませんが、段階的に少しづつ豊胸効果を獲得していけます。 女性ホルモンを使用しないため、性周期を気にすることなく処置を受けることができ、処置間隔は最短で2週間です。 また、採血処置がないので、処置に要する全体の時間が、大幅に短縮されています。 したがって、バスト・グロウWは、他人に気づかれずに、 段階的にバストを大きくしたい方に向いている方法です。

バスト・グロウWについて、もっと詳しく知りたい方はこちら